ひふみ投信が新たに発足させた世界の株式市場に投資する評判の「ひふみワールド」と「ひふみワールド+(プラス)」を徹底評価!

ひふみ投信は日本で最も有名な投資信託として名を馳せています。当ブログでも最近、ひふみ投信について取り上げました。

確かにリーマンショック後はファンドマネージャーの藤野英人氏が得意とする小型グロース株投資で優れた成績をのこしていました。

しかし、2017年にカンブリア宮殿に取り上げられて運用資産額が増大したことで、本来の運用ができなくなり成績は苦境に陥っているという状況になっています。

 

現在、真価が試されている「ひふみ投信」ですが、そんな「ひふみ投信」が新たに出したシリーズとして「ひふみワールド」があります。

本日は「ひふみワールド」はどのような投資信託なのか?

投資する妙味はあるのか?

という観点に基づいてお伝えしていきたいと思います。

 

 

ひふみワールドはどんな投資信託?

ではまずは「ひふみワールド」がどんな投資信託なのか紐解いていきたいと思います。

投資先は日本以外の株式市場

「ひふみワールド」が投資対象とするのは日本以外の成長銘柄を投資対象としています。

企業の決算情報だけでなく、経営者やビジョンなどの定性的な側面も評価しているとしています。

ひふみワールドの銘柄選定基準

ファンドマネージャーは湯浅光裕氏

ひふみワールドのファンドマネージャーは「ひふみ投信」を運用している藤野英人氏ではありません。

ファンドマネージャーは藤野英人氏とともにレオスキャピタルを創業した、代表取締役副社長の湯浅氏が担当しています。

湯浅光裕氏

1990年ロスチャイルド・アセット・マネジメント入社、1993年日本株運用ファンドマネージャー就任、ロスチャイルドグループが海外で募集したユニットトラスト、年金資金の運用を担当する。2000年、ガートモア・アセットマネジメント入社、中小型株ファンドの運用担当。2003年、レオス・キャピタルワークス創業、取締役就任(現任)。運用本部長、ファンドマネージャーとして活躍、国内外資産運用業界について造詣が深い。

参照:レオスキャピタル

 

世界的に有名なロスチャイルド・アセットに1990年時点で入社している時点で、日本の資産運用業界のパイオニア的存在といえそうですね。

「ひふみワールド」の構成上位銘柄

以下は「ひふみワールド」の2021年6末時点での構成上位銘柄です。殆どが米国企業で、基本的にはハイテク産業が多くなっています。

銘柄 構成比率
DEUTCH POST ドイツ 1.49%
NVIDIA 米国 1.27%
BROOKFIELD ASSET カナダ 1.27%
GENERAC 米国 1.23%
GM 米国 1.22%
Accenture アイルランド 1.21%
ANTA SPORTS 中国 1.20%
American Express 米国 1.14%
CAPITAL ONE 米国 1.13%
FIRST REPUBRIC 米国 1.1%

 

ちなみに以下は2020年10月時点の構成上位銘柄でした。ほとんど入れ替えているのががわかります。

銘柄 構成比率
アクセンチュア アイルランド 2.02%
Texas
Instruments
米国 1.82%
XILINX 米国 1.79%
Qualcomm 米国 1.69%
VIVENDI フランス 1.67%
BJ’S WHOLESALE 米国 1.58%
FIRST REPUBLIC 米国 1.57%
AMAZON 米国 1.56%
NVIDIA 米国 1.56%
SITEONE 米国 1.54%

 

組み入れ時価総額は1兆円以上の銘柄で70%を占めており、大型銘柄中心のポートフォリオになっています。

ひふいワールドの時価総額別構成比率

現金比率を最大50%まで引き上げる柔軟な方針

「ひふみワールド」は「ひふみ投信」と同様に現金比率を柔軟に設定できるようにしています。

状況によって現金比率を変更させるひふみワールド

株価が今後下落することが見込まれるのであれば、現金比率を最大50%に高めて下落に備えます。

常に株式市場に全力投資することが正解ではありません。株価暴落の前を予測して現金比率を高めておけば、株価が下落した時の下落幅を抑えることができます。

更に下落した時に安い株価で優良銘柄を仕込むことができるのです。

長期投資家に有利な手数料形態

ひふみワールドは購入手数料は無料で、信託手数料は年率1.628%(税込)となっています。

ひふみ投信は長期的に投資する方に実質的な手数料割引制度を用意しています。

ひふみワールドも長期投資家に対して5年後から、信託報酬の0.1%分を新たに「ひふみワールド」を購入する形で還元します。

つまり例えば100万円運用していれば一旦1万6280円分の手数料が徴収され、その中の1000円分について新たに「ひふみワールド」を購入する形で還元してくれるのです。

信託報酬一部還元方式

更に10年以上投資している投資家に対しては0.25%の還元がなされます。

「ひふみワールド」と「ひふみワールド+(プラス)」の違いとは?

「ひふみワールド」のシリーズとして「ひふみワールド+」があります。

この二つの違いな何なのでしょうか?

端的にいうと「ひふみ投信」と「ひふみプラス」の違いと同じです。

「ひふみ投信」は販売から運用まで一貫している独立系の投資信託です。

一方、「ひふみプラス」は運用はレオスキャピタルが行いますが、販売は各金融機関が行なっています。

つまり「ひふみ投信」はレオスキャピタルで口座を開かないといけないのですが、「ひふみプラス」は通常の投信のように購入できるということですね。両者の成績は全く同じになっています。

「ひふみワールド」も同様に販売から運用まで一貫してレオスキャピタルが行なっています。しかし、「ひふみワールド+」は運用がレオスキャピタルですが、販売は各金融機関となっています。

ただ、プラスシリーズは先ほどの手数料還元制度が適用されないので長期投資する場合は本家を購入した方がよいですね。

「ひふみワールド」の運用成績を徹底解剖

では重要な「ひふみワールド」の成績について見ていきましょう。

「ひふみワールド」の単体成績

2019年10月から運用開始となっているので、レコードは短くなっています。

ひふみワールドの基準価格の推移
1年
トータルリターン 49.02%
標準偏差 11.95
シャープレシオ 4.10

 

基準価格は増加していますが、コロナショックで最大約30%の下落を被っています。現金比率で調整できていなかったということですね。

実際コロナショックが弾ける前の2020年1末時点での現金比率は僅か18.9%でした。コロナショックを予見できていなかったといえるでしょう。

以下は2021年6月末時点での配分です。

ひふみ投信の資産配分比率

全世界株インデックス連動ETFのVTと比較

全世界に投資している「ひふみワールド」ですので、全世界の平均と比較しないといけません。

以下は全世界の株式の時価総額加重平均指数に連動することを目標とするVTと、「ひふみワールド」を比較したものです。

橙色:ひふみワールド
青色:VT

ひふみワールドとVTのリターンの比較

暴落を僅かではありますがミニマイズしていち早く立ち直り、最終的に全世界平均を凌駕した成績となっています。

市場平均を凌駕しているのでアクティブ型の投資信託としては面目躍如となっていますね。

セゾン資産形成の達人ファンドと比較

では他の優秀な世界株に投資しているファンドとも比較していきましょう。以下はセゾン資産形成の達人ファンドと比較した図です。

橙色:ひふみワールド
青色:VT
赤色:セゾン資産形成の達人ファンド

ひふみワールドとVTとセゾン資産形成の達人ファンドの比較

→ 悪利回りでおすすめしない?危ないからやめた?評判の投信【セゾン資産形成の達人ファンド】を徹底評価!チャート・利回りから見る確かな実績と今後を解説。

 

「セゾン資産形成の達人ファンド」も凌駕した成績となっています。レコードは短いのでまだ判断できませんが、優秀な成績を残しているといえるでしょう。

まとめ

「ひふみワールド」は「ひふみ投信」を運用するレオスキャピタルが世界株に投資するバージョンとして設立させた投資信託です。

まだ運用開始から1年3ヶ月しか経過していませんが、世界株インデックスやセゾン資産形成の達人ファンドを凌駕する成績を残しています。

ただ、やはりコロナショックのような暴落局面では30%程度暴落しており、下落耐性が強いファンドではないことが欠点といえます。

また、運用期間が短いのでもう少し長期的な成績が出るまで評価を待ちたいところですね。

以下では長期で暴落を免れながら安定的な成績を残し続けているファンドを中心にお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

鎌倉投信「結い2101」と評判のひふみ投信の運用成績・方針・手数料を徹底比較~お...

NO IMAGE

ヘッジファンドと投資信託を比較!1,000万円を運用するならどちらが良い?投資信...

NO IMAGE

人工知能に活用した投資信託:AI日本株式オープン(絶対収益追求型) 『愛称:日本...

NO IMAGE

【世界株式絶対収益追求ファンド】マクロ・トータル・リターン・ファンドを評価。JP...

NO IMAGE

【ジェイリバイブ】過去10年では最強と評判のSBI中小型割安成長株ファンド(愛称...

NO IMAGE

日興が運用する投信「グローバル・ロボティクス株式ファンド」を徹底評価!利回りは高...