セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを徹底評価!債券と株を織り交ぜた評判のバランスファンドの実態を紐解く。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはセゾン投信が運用するファンドです。

以前、同じくセゾン投信が運用している「セゾン資産形成の達人ファンド」を取り上げましたが達人ファンドは株式のみに投資するファンドとなっていました。

→ 悪利回りでおすすめしない?危ないからやめた?評判の投信【セゾン資産形成の達人ファンド】を徹底評価!チャート・利回りから見る確かな実績と今後を解説。

 

一方、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株式と債券を半分ずつまぜるバランス型のファンドです。

今回はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて詳しく紐解いていきたいと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴とは?

ではまず特徴について見ていきましょう。

ファンド・オブ・ファンズ形式で運用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも達人ファンドと同じく、ファンドに分散投資するファンドとなっています。

このような形態の投資信託をファンド・オブ・ファンズ形式と呼ばれています。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドのファンド・オブ・ファンズ形式

組入れているのはバンガード社が運用しているインデックスファンド

上記をご覧いただければわかりますが組み入れているファンドはバンガード社にインデックスファンドとなっています。インデックス投信は日経平均やS&P500指数のようなインデックスに連動することを目標としたファンドとなっています。

インデックス投信については以下でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

悪利回りでおすすめしない?危ないからやめた?評判の投信【セゾン資産形成の達人ファンド】を徹底評価!チャート・利回りから見る確かな実績と今後を解説。

 

バンガード社は世界最大級の運用会社で運用資産残高は570兆円になっています。現在世界のインデックス運用商品の約4割のシェアを握っておりNo.1となっています。

有名なVTやVTIもバンガードが組成している商品ですね。

株式と債券を50%ずつ組み入れている

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株式と債券に原則50%ずつ投資するように設定されています。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドは株式と債券に半々で投資

2021年6月末時点のポートフォリオは以下となります。おおよその株式の地域別の比率は時価総額に準じたものとなっていますね。

 

セゾンバンガードグローバルバランスファンドのポートフォリオ
ファンド 連動対象 構成比率
インスティテューショ
ナルインデックスファンド
(米国)
S&P500指数 29.9%
ヨーロピアンストック
インデックスファンド
(欧州)
MSCIヨーロッパ
インデックス
8.6%
ジャパンストック
インデックスファンド
(日本)
MSCIジャパン
インデックス
3.2%
パシフィック
エックスジャパン
ストックインデックス
(豪州、香港、NZ、SG等)
MSCIパシフィック
エックスジャパン
インデックス
1.6%
エマージング
マーケットストック
インデックスファンド
MSCIエマージング
マーケット
インデクス
6.5%
USガバメント
ボンドインデックス
ブルームバーグ
バークレイズ米国政府債
浮動調整インデックス
24.4%
ユーロガバメント
ボンドインデックス
ブルームバーグ
バークレイズユーロ政府債
浮動調整インデックス
19.7%
ジャパンガバメント
ボンドインデックス
ブルームバーグ
バークレイズ日本政府債
浮動調整インデックス
5.2%

 

リバランス効果が期待できる

基本的に債券と株式を半々に保つということはリバランスによる利益獲得を狙うことができます。

 

例えば、株式が上昇すると株式の比率が大きくなります。しかし、株価が上昇するということは割高感がますということの裏返しでもあります。

そこで、割高となっている株式を売却して、相対的に割安となっている債券を購入してリバランスを行います。

リバランスの効果とは?

自動的にリバランスを行なっていくことで、相対的に割高な資産の利益を確定して、相対的に割安な資産を購入していくことができるのです。

結果的にリターンが安定するという結果をもたらします。リバランスに関しては以下のサイトの記事が非常に参考になったので興味のある方はご覧いただければと思います。

参照:マネリテ「リバランスとは?」

 

インデックスファンドを組み合わせているため比較的低い手数料水準

インデックスファンドを組み合わせているため比較的低い手数料形態となっています。

購入手数料 無料(ノーロード)
信託手数料 年0.57%±0.02%

 

なぜ0.2%の幅があるか疑問に思われた方もいらっしゃると思います。これはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがファンド・オブ・ファンズであることに起因しています。

組み入れているファンドの手数料によって機動的に変わっていくということですね。ただ、バンガードのインデックスファンドの手数料水準は低いため幅は小さくなっています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのリターン

それでは肝心なリターンについて見ていきたいと思います。

比較的安定したリターン

以下は運用開始以来のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのチャートです。比較的安定してリターンを挙げているということができるでしょう。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドの基準価格の推移

とはいえ債券を半分組み入れている割にはリーマンショックで大きな損失を被っているのは気がかりですね。

 

 

バランスファンド「eMAXIS バランス(4資産均等型)」と比較

同じく株式や債券を分散して組み入れているeMAXISバランス(4資産均等型)と比較していきたいと思います。

eMAXISバランスは「国内株式」「先進国株式」「国内債券」「先進国債券」を均等に組み入れます。

eMAXISバランス(4資産均等)のポートフォリオ

 

以下はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドeMAXISバランス(4資産均等型)とのリターンの比較です。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドとeMAXIS4資産均等バランスのリターンの比較

殆ど同じ動きとなっていますね。

今後の見通し

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは債券を半分入れているため、今後の見通しは正直厳しいものがあると考えています。

債券は金利が高くなれば価格が下落します。現在先進国の債券は米国であっても金利は下限近辺となっています。

米10年国債の金利推移

今後、経済が正常化していくとFRBが金融緩和を徐々にゆるめて金利引き締めに動く可能性が十分にあります。

すると、債券価格は下落していくので先進国債券を半分組み入れているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのリターンは低くなるということが想定されます。

まとめ

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて纏めると以下です。

  • ファンド・オブ・ファンズ形式で運用
  • バンガード社運用のインデックスファンドへ投資している
  • 株式と債券を半々で組み入れ
  • リターンは安定しているがリーマンショックでは大きな打撃
  • 今後債券は暗い見通しで投資妙味は薄い

長期的に安定的なリターンを積み上げ大きな資産を形成したいという方は以下で投資先としておすすめできるファンドをランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います!

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

NO IMAGE

【コモンズ投信】評判のコモンズ30ファンドは魅力的なの?肝心な利回りや手数料を含...

NO IMAGE

ヘッジファンド型運用が評判の投資信託「ダブル・ブレイン」を徹底評価!野村アセット...

NO IMAGE

【さわかみファンド】さわかみ投信と評判のひふみ投信の運用成績・方針・手数料を徹底...

NO IMAGE

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評...

NO IMAGE

日本配当追求株ファンド(価格変動抑制型) 『愛称:はいとう日本』を評価。絶対収益...