【厳選投資】長期で高い成績が評判の投資信託「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」を証券アナリストが徹底評価!

日本のアクティブ型投資信託は低い成績という評判になっていますが、しっかりした成績を残している投資信託も存在しています。

当ブログでも「ひふみ投信」「ジェイリバイブ」「眼力」などを取り上げてきました。今回は厳選投資の愛称で親しまれている「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」です。

 

本日は厳選投資について、そもそもどのような投資信託なのか?

投資する妙味がある投資信託なのか?

という点について他の優秀なアクティブ型の投資信託と比較しながら検証していきたいと思います。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(通称:厳選投資)はどんな投資信託?

では厳選投資はどのような投資信託なのかをみていきましょう。

僅か20程度の厳選銘柄に投資をする方針

通常の投資信託は基本的に50銘柄以上の銘柄に対して分散投資をしています。

ところが、厳選投資は約20銘柄に集中投資をすることでリターンを追求する方針をとっています。非常に珍しいファンドとなっているのです。

 

当ファンドは、一般社団法人投資信託協会「投資信託等の運用に関する規則」第17条の3「信用リスク集中回避のための投資制限の例外」第1項第3号を適用して特化型運用を行います。そのため、一般のファンドにおいては、一の者に係るエクスポージャーの投資信託財産の純資産総額に対する比率として10%を上限として運用を行うところを、当ファンドにおいては、35%を上限として運用を行います。

参照:SPARX

 

通常のファンドは1銘柄最大構成比率10%未満として制限されているのですが、厳選投資では最大35%まで投資することが可能となっています。また厳選した銘柄には長期投資することを前提としています。

厳選投資が選ぶ銘柄は長期成長が見込める国際優良企業

厳選投資が選ぶ銘柄の特徴は以下の通りと目論見書に記載されています。

【厳選投資が対象とする国際優良企業の条件】

  • 国内市場で圧倒的なシェアを持つ
  • 海外売上高比率の拡大が期待できる
  • 世界的なブランド力を有することが期待できる

参照:厳選投資の目論見書

 

新・国際優良企業の成長イメージ

 

この条件を満たす企業は、世界経済の成長の恩恵を受けることができることに加えて、外国人投資家からも投資対象となるので株価上昇を見込むことができるとしています。

厳選投資の構成上位銘柄

では実際、どのような銘柄に投資しているのか最新の2021年6末時点の月報を元に見ていきましょう。以下は厳選投資の上位5銘柄です。

銘柄 市場 業種 比率
ソニー 東証一部 電気機器 9.0%
日本電産 東証一部 電気機器 8.5%
ソフトバンク
グループ
東証一部 情報通信業 8.4%
リクルート 東証一部 サービス業 8.3%
日立製作所 東証一部 電気機器 7.9%

 

上位5銘柄で42.1%と半数近い構成比率となっています。構成比率1位となっているソニーはプレーステーションなど世界に通用するブランドを保有していますね。

業績は以下の通り過去5年で売上と利益ともに堅調に推移しています。

 

日本電産の業績推移
決算期 売上高 営業利益 当期利益
2007/03 629,667 64,009 39,932
2008/03 742,126 76,833 41,156
2009/03 613,458 51,806 28,353
2010/03 587,459 78,342 51,961
2011/03 688,530 90,527 52,333
2012/03 682,320 73,070 40,731
2013/03 709,270 17,627 7,998
2014/03 875,109 85,068 56,404
2015/03 1,028,385 111,218 76,216
2016/03 1,178,290 117,662 89,945
2017/03 1,199,311 140,331 111,721
2018/03 1,488,090 167,637 131,434
2019/03 1,518,320 138,620 110,798
2020/03 1,534,800 110,326 60,084
2021/03 1,618,064 160,011 121,977
2022/03予 1,700,000 180,000 140,000

株価も利益と連動するように堅調に推移しています。

日本電産の株価推移

比較的高い手数料水準

厳選投資はアクティブ型の投資信託です。以下は手数料水準なのですが、購入手数料、信託手数料ともに比較的高い手数料体系となっています。

購入手数料:3.3%
信託手数料:年率1.804%

厳選投資の成績とは?利回りは高い?

では重要な厳選投資の成績について見ていきましょう。

設定以来TOPIXを大幅にアウトパフォーム

以下は設定痛いの厳選投資のリターンをTOPIX(配当込み)と比較したものです。税引前分配金再投資後の基準価格はTOPIX(配当込み)を大幅にアウトパフォームしています。

 

厳選投資の基準価格の推移

2008年3月に100万円投資したら550万円に増えているということですね。ただ、あくまで分配金を拠出した場合は税金が自動的に差し引かれるので実際のリターンは黒と赤の間ということになります。

 

ちなみにコロナの2020年1月から3月に42000円から26000円まで一気に約40%の下落を被ってしまっています。この下落は投資家としては耐えられるものではないでしょう。長期投資をする上でリターンと同様、それ以上に重要なのが下落をできる限り避けながら運用を行うことです。

以下では安定した年率10%以上のリターンを出しながらも、過去年度ベースで下落したことない筆者が主軸として投資しているファンドを含めてランキング形式でお伝えしていますので参考にして頂ければと思います。

 

 

日経平均や他の優秀なアクティブ型の投信との比較

以下は日経平均と他の優秀なアクティブ型の投資信託との比較です。

青:厳選投資
赤:日経平均
緑:ひふみ投信
黄:ジェイリバイブ

過去10年の厳選投資と同様の投資信託のチャート比較

 

長期でみると日経平均を上回っていますが、他のアクティブ型投信に対してアンダーパフォームしています。

ただ、「ひふみ投信」「ジェイリバイブ」「眼力」は人気がでてから本来の運用ができなくなり直近の成績は軟調に推移していることをお伝えしました。

 

→ 暴落を幾度となく経験し不調にあえぐ「ひふみ投信」や「ひふみプラス」の時代は終わった?評判が高かった投信の今後の見通しを含めて徹底評価!

→ 【ジェイリバイブ】過去10年では最強と評判のSBI中小型割安成長株ファンド(愛称:jrevive)を評価!今後の見通しを含めて紐解く。

→ 【ブログ更新】高利回り評判の投資信託「企業価値成長小型株ファンド(通称:眼力)」を徹底的に評価する!

 

厳選投資は長期の成績はアンダーパフォームしているものの、過去3年でみると一番高いリターンを残しています。

青:厳選投資
赤:日経平均
緑:ひふみ投信
黄:ジェイリバイブ

過去3年の厳選投資と同様の投資信託のチャート比較

ただ、やはり他の投信も同じなのですが日経平均と同様の動き方をします。日経平均が暴落する時も暴落しているのです。

まとめ

厳選投資は国際優良企業に集中投資する投資信託です。

通常の投資信託は50社以上に分散投資していますが、厳選投資は20社程度に集中投資をしているという特徴があります。

 

過去10年でみると日経平均には勝っていますが他のアクティブ型投信をアンダーパフォームしています。ただ過去3年でみると最もよい成績を残しています。

しかし、株式市場が暴落する時には一緒に暴落する傾向にあります。資産価格を下落させることなく安定的に増加させたいという方は以下おすすめできるファンドをランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

世界各国の株式及び債券に投資を行う野村ワールドスター オープンの評判はどうか?ロ...

NO IMAGE

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評...

NO IMAGE

アクティブ運用型投資信託とパッシブ(=インデックス)運用型投資信託のどちらが優れ...

NO IMAGE

ありがとう投信が運用する「ありがとうファンド」を徹底評価!評判や運用実績について...

NO IMAGE

【健次】評判の投資信託「グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド」を徹底評価!テ...

NO IMAGE

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資「おおぶね」を徹底評価!評判の投資信託の実態...